移転をするときにかかる費用の内訳を紹介

お金

今使っているオフィスが小さいときはオフィス移転を考えてみましょう。移転をすれば部屋を広くする事ができるので快適に業務を行う事が可能です。基本的に引っ越しをする必要があるのである程度コストが掛かってしまいます。どのような部分にかかるのか把握しておくと資金計画立てやすいです。具体的にオフィス移転をするときには引越し費用がかかります。これは荷物を運ぶ車のレンタル代金や梱包資材の購入費用です。さらに移転先のネックワーク工事費用やセキュリティ費用なども考えましょう。什器購入代金や電気工事の料金もかかるので総合的に計算をしないといけません。新オフィスに移転するに当たってレイアウトも行わないといけないので注意が必要です。内装費はデザインやグレードなどにより料金が変化します。

原状回復工事により相場は変化する

オフィス

オフィス移転をするときは今使っている場所の原状回復工事をしないといけません。これはオフィスを借りたときの状態に戻す作業です。賃貸契約を行っているサービスはほとんどのところで強制されることなので注意しておきましょう。基本的に原状回復工事は撤去日までに行いオーナーに明け渡す必要があります。この原状回復工事も引越しコストに入れないといけないので気をつけるとよいです。基本的に工事にかかる金額はビルのグレードや契約の内容により変化します。場合によっては数百万円かかるので気をつけていないといけません。なるべく安く工事をするのなら1社だけに依頼をするのではなく複数の業者に見積もりをとってもらい比較するのが良いです。

費用の削減をする方法もある

男女混合

大規模な業者ほどオフィスの移転費用はかかってしまいがちです。そこでなるべくコスト削減をするために、いくつかの手段を覚えておきましょう。特に原状回復工事はうまくやればコスト削減が出来ます。素人ではわからない部分ですが専門家にサポートを依頼すれば、高いのか安いのかが明確にわかるので安心です。中には適正価格に減額を行ってくれる専門家もいるので利用してみましょう。オフィス移転をするときには物件にも注目をします。基本的に居抜き物件を利用すれば大幅なコスト削減が可能です。居抜き物件は探すのがかなり困難なものです。理想的な場所で居抜き物件を見つけることができればかなりのコスト削減が実現します。現在使っているオフィスは明け渡すときに掃除をしないといけません。これは業者に頼まず自分たちで掃除をするのが良いでしょう。そうすれば掃除代金の削減をすることが可能です。上記の方法を利用すれば費用の削減を一気に出来ます。

広告募集中